2015年12月20日

【シンプソンズ騒動再考】声優は本職に任せるのが一番!博多華丸・大吉が語る漫才師が超えてはいけない一線【全ての人よ拝聴せよ】


http://www.cinematoday.jp/page/N0078791

声優は本職に任せるのが一番!博多華丸・大吉が語る漫才師が超えてはいけない一線

2015年12月16日


 今回ゲスト声優として出演している二人だが、セリフには博多弁のセリフや華丸が得意とする川平慈英のモノマネが全く含まれておらず、お笑い芸人の要素を出すことがないまま本気でアフレコに取り組んだという。「リハーサルのときに博多弁っぽくしゃべったりしたんですけど、すぐに『そういうのじゃないんです』ってとめられて」(大吉)、「そういう意味では新鮮ですよね」(華丸)、「だいたい(川平のモノマネの)ク〜がない現場って本当に新鮮なんですよ」(大吉)と二人にとっても驚きの収録現場だったよう。

 二人いわくセリフは「一瞬」だったそうだが、声優業の難しさをあらためて実感したといい、大吉は「本当に申し訳ないですけど、多分これが最初で最後だと思います」ときっぱり。続けて華丸が「僕らが子供のときから、やっぱり顔を知らないほうが(アニメの世界観に)入り込めるというのはあったから、顔がわかる人がやるとそのイメージが付いちゃう」と力説するが、一番の理由は本業の声優たちの声を聞いて「モノが違う」と圧倒されたことだという。

 「器用な人もたくさんいらっしゃいますけど、僕らは本当に少ないセリフで十分なんだとあらためて思いましたね」と華丸が話すと、大吉も「もちろん向き不向きもあるんでしょうけど。われわれのような漫才師はもうこんなもんでね(笑)。こんなもんだったよねって(『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』でゲスト声優を務めた)ナイツに確認しにいきます。みんなで芸人の出ちゃいけないラインを整備していきたいですよね」と同意。

 また「だからぼくは大至急ですね、ダウンタウンの浜田(雅功)さんに『シュレック』はちょっといいんじゃないかなと伝えに行かないと。どう見ても浜田さんにしか見えなくなっちゃって(笑)」(華丸)、「(有吉弘行が吹き替えた)『テッド』はまだよかったんですけどね。だから関西弁をやめてみてはいかがですかというご提案くらいは今後したいですね」(大吉)と冗談を交えつつ昨今の芸人の声優事情に触れた二人。お笑い芸人ではなく、声優として映画に向き合ったからこそ感じたことがあったようで、「本職の人に任せるのが一番」だと深くうなずき合っていた。
井本早紀


ラベル:アニメ 声優
posted by Kawakita at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。