2015年12月22日

【波紋は】諏訪部順一に続いて緒方恵美も「悲しい」 まだまだ物議を醸す「行けないけど頑張ってください」問題【津波へ】


http://otapol.jp/2015/12/post-5079.html

諏訪部順一に続いて緒方恵美も「悲しい」 まだまだ物議を醸す「行けないけど頑張ってください」問題

2015年12月22日


 落語家・三代目桂枝太郎の発言を発端に、ネットで物議が醸された“「行けないけど頑張ってください」はいりません”問題。先日には、声優の諏訪部順一もTwitterで「『行けません』『見られません』系のメッセージは凹みます」とツイートし話題になったが、22日には緒方恵美もTwitterで「わざわざ行けませんと言われると悲しい」と発言し、これにファンからさまざまな声が寄せられている。

 この「行けないけど頑張ってください」発言とは、イベントなどの告知に対し、行きたくても諸事情で行くことができないファンが、せめてもの気持ちで送る一種の応援コメント。これに諏訪部は「どうしても何か言っときたいなら『がんばって!』だけでいいんじゃないかな?とも思います」と、ファンに語っている

 その中で、緒方は「遠征・追っかけをしてくれている、とある方の呟き」と、この問題に対して「本人に言うなよと思う」などと語る一般ユーザーのキャプチャーをTwitterにアップ。これに緒方は「ありがとう…!」と綴ったのだが、キャプチャーの中には「チケット買って音源買って物販買うのは本当にお布施だからね」「気持ちだけの応援はなんにもならない」といった持論も展開されていた。

 そのせいか、その後緒方が「言わないでいてくれる人、ありがとう。来てくれる人、もっとありがとう。感謝」というツイートをしたものの、ネットには「えっ緒方さんこれに『ありがとう』って言っちゃうの…?うそでしょ?」「アーティストにとってお金を払ってないならその応援は迷惑なの?」「言いたい事は分かるけどすごくモヤモヤする」という声が集まってしまった。

「緒方は、以前にもこの問題について指摘していました。今回は、ほかにも『来られないことを責めているのではないよ』『金を落としてくれることが是で、それ以外のファンが非といってるんじゃないですよ!』と弁解していましたが、追っかけに対し、“ありがとう”と発言したことに、『黙ってる方がいいんだなと思いました』と反省するファン、その一方で『応援の手段をアーティストが決めていいんでしょうか』という反論も上がることとなってしまいました。『来れないとわざわざ言われるのは、とてもさみしいということをわかってもらえたら…』と語るように、緒方はただ『行けない』と言われることのさみしさをファンに少しばかり分かってもらいたかっただけだと思うんですけどね」(声優ライター)

 緒方は「影響するのでしょうね。たぶん。だからこそ口に出した」「全ての人に、伝えたい真意が伝わるとは思っていません」とも語っていたが、この“「行けないけど頑張ってください」はいりません”問題が解決する日はやってくるのだろうか……。


ラベル:ネット 声優
posted by Kawakita at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。