2016年01月15日

【まさに「それ」そのもの】最高にロックな上坂すみれの野外イベントにファン発狂!! 見知らぬ人には“反原発運動”!?


http://otapol.jp/2016/01/post-5258.html

最高にロックな上坂すみれの野外イベントにファン発狂!! 見知らぬ人には“反原発運動”!?

2016年1月8日


“すみぺ”こと上坂すみれの2ndアルバム『20世紀の逆襲』が、1月6日に発売。それを記念し同日、東京都・新橋でライブイベント「新春公開プロパガンダ in また新橋」が開催された。約1,500人ものファンが押しかけ、大盛り上がりとなった同イベントだが、上坂を知らない人には少し怖く感じたようだ。

 14年1月開催の1stアルバム『革命的ブロードウェイ主義者同盟』を記念したライブイベント「革命的ブロードウェイ主義者同盟 新春★公開プロパガンダ in 新橋SL広場」同様、今回もラ・ピスタ新橋の2階バルコニー「ステージファロ」を選んだ上坂。イベント前には「ばあああああ!! 時間がない!!!!」とTwitter(@Uesakasumire)で慌てふためいていたが、無事に「新春公開プロパガンダ in また新橋」は開催された。

 上坂は大勢集まったファンに向け、「懲りもせず、飽きもせず集まってくれた諸君、ありがとうございます! 労働、お疲れさまです」と挨拶。発売されたばかりの『20世紀の逆襲』の中から「無窮なり趣味者集団」「来たれ!暁の同志」「20世紀の逆襲 第一章 〜紅蓮の道〜」「Inner Urge」を熱唱した。

 終了後、足を運んだファンは「上坂さんのおかげで最高の1年が始まりそうです」「ひっそりとNEW新橋ビル付近から覗かせていただきました。パフォーマンスと着物衣装最高でした」「社会を恨むにはパワーが必要!! すみぺ、新橋でどうもありがとう!!」「ぶっこんでくる曲にヒヤヒヤしました。趣味者集団はいずれ青空の下、大合唱したいです。イベ後の打ち上げにて、すみぺ話でものすごく盛り上がりました。自分の周りで同志がまたひとり増えました!」「衆目の目に晒されるプロパガンダは、初見さんに深い印象を与えるという意味では、すみぺの魅力が本領発揮される場という気がして、大好きです」など、上坂に感謝。

 また、イベントの模様は「LINE LIVE」でも生配信されており、そちらを観たファンからも「高画質なすみぺが観れて最高でした!ハラショー!」「社畜なので『LINE LIVE』で観ましたよ!カメラ目線にやられました」「『LINE LIVE』のお陰で海外からも観れて助かりました!」といった声や、「ゲリラライブとかロックだな」「このタイミングは最高にロックですわ」と姿勢を称賛する声、「告知してくれよ。ちょっと寄り道すりゃすぐだから行きたかったのに」「何で言ってくれないの?」と行きたがる声が上がった「新春公開プロパガンダ in また新橋」。

 大盛況だった一方で、「生産!」「団結!」「反抑圧!」のスローガン三唱をはじめとした熱狂ぶりは、上坂を知らない人には怖く映ったようで、Twitter上には「上坂すみれって何者?新橋駅前に人が溢れて、赤い旗振ってる人がたくさんいた。でも、なんとなく、触れないほうがいい気がしたので、検索しないことにした」「スーツのおじさんたちが楽しそうにしてて不気味だった」「仕事で新橋駅歩いてたら、上坂すみれ?がなんかオタクに手を振っててオタク発狂してた」といった声も。だが、同士たちも「上坂すみれさん無銭イベが、一般人に反原発運動だと勘違いされてるの、今年1番面白い」と面白がっているぐらいだから、問題ないだろう。

 ファン以外の人たちに恐怖感を与えてしまったことをよそに、『20世紀の逆襲』は1月5日付の「オリコンアルバムデイリーランキング」で見事、初登場6位にランクイン。16年もすみぺの快進撃は続きそうだ。
posted by Kawakita at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。